人生100年時代 保育士のはたらきかた(転職・副業・フリー)

#ほいくしる

保育士の転職

潜在保育士が保育園に復帰するには

投稿日:

保育士不足で、待機児童問題がニュースでもよく取り上げられています。

厚労省のデータによると、現役の保育士数は41万人います。一方で保育士資格を持っているのに、保育の仕事をしていない人が70万人以上います。全有資格者のうち、60%以上は保育の仕事を行っていません。こうした方々を潜在保育士と呼んでいます。

潜在保育士は多いのでしょうか?

同じ国家資格である看護師の場合も、潜在看護師がいます。厚労省のデータによると、有資格者数が225万人。そのうち約30%である71万人が潜在看護師です。

つまり、看護師と比較すると保育士の潜在率は高いといえます。

なぜ、潜在保育士は現場に復帰しないのでしょうか。素直に考えれば、潜在保育士が全員現場に復帰すれば、保育士不足によって起きていた待機児童問題は解消できるはずです。

でも、実際に働いている身から考えれば、そんな簡単な話ではありませんよね。

 

厚労省のアンケート調査によると、「保育士における現在の職場の改善希望状況」として最も多く回答があったのが金銭面の処遇改善でした。

保育士の平均賃金は216万円でした。看護師や全職種の平均賃金が329万円なので、他の職種と比べると、30%以上も給与が低い状態です。もちろん政府主導による保育士の賃金アップや新しい職種の設置を行い、キャリアアップを推し進めています。

しかし、他職種と比較したときの労働負担(肉体的・精神的にも)を考えると、一度保育の現場から離れてしまったら、戻れなくなるのは理解できます。

 

保育園としては、人数が足りていないため、未経験者は潜在保育士さんといったブランクのある方でも積極的に求める反面、求職者側の希望条件に見合った求人を見つけることが難しいはずです。

特に、求人サイトを眺めて、一人で求人を探すのは時間と労力がかかります。

そういう方は、転職サイトの利用をお勧めしています。

なぜなら、保育士と保育園の間には、「キャリアアドバイザー」という重要な人がいるからです。

なぜ「キャリアアドバイザー」が未経験保育士にとって重要なのか、3つの項目にまとめていました。

1. どんな働き方をしたいか徹底的に聞いてくれる

転職サイトに登録すると、まずキャリアアドバイザーさんと「どんな働き方をしたいのか」を相談します。相談方法は利用する転職サイトによって異なりますが、基本的には、電話・メール・対面です。

キャリアアドバイザーは各転職サイトの運営会社で働いており、保育士の転職を専門にした転職サポーターです。

 

未経験の保育士さんとしては、「しっかりと教育体制が整っているか」、「どんな人たちが働いているのか」が気になるはず。キャリアアドバイザーは各保育園と連絡を取り合っているため、細かい情報についても教えてくれます。

HPで調べたり、ハローワークを使った場合はこのような内部の様子までを知ることができません。

 

2. 履歴書・面接対策をしてくれる

未経験保育士がもっとも困るのが、自己PRや志望動機です。そもそも保育士としての能力がないため、どんな自己PRが良いか判断がつきません。

そんな時こそ、キャリアアドバイザーの存在が大切になります。

「どんな人を求めているのか」、「どんな保育園運営をしたいのか」などをキャリアアドバイザーから前もって聞いておけば、自己PRや志望動機の作成に生かすことができます。

心配な場合は、キャリアアドバイザーに自己PRや志望動機を添削してもらうのもアリです。

3.     質の良い求人を紹介してくれる

キャリアアドバイザーは年間でみると多くの保育士さんの転職をお手伝いしています。

未経験の保育士~ベテラン保育士まで様々な経歴をもつ保育士の転職に携わっています。

キャリアアドバイザーとして、

もちろん、一人ひとりにあった求人をご紹介するのが最も重要ではありますが、過去の経験から、どんな保育園なら未経験保育士さんがイキイキと働けそうか、ある程度候補が頭の中にあるはずです。そのため、変なところを紹介される可能性は少ないです。

しかし、自己応募であったりハローワークを使ってしまうと、求人の目利きがないので、ハズレの求人を選んでしまう可能性があります。

 

以上が、転職サイト(キャリアアドバイザーへの相談)をおすすめする理由です。

転職サイトの利用は無料ですので、ぜひ使ってみてください。

 

未経験保育士さんには、次の3つの転職サイトがおすすめです。

転職サイトはたくさんありますが、これから紹介する3つに登録しておけば間違えないでしょう。

 

第3位:マイナビ保育士

・東京、神奈川、埼玉、千葉エリアの求人を豊富
首都圏での転職を考えている方は特におすすめ

マイナビ保育士は、転職後のサポートも積極的に行っています。転職サイトによっては、入職後のフォローをしてくれないところもあります。しかし、マイナビ保育士のように転職後フォローをする「お客様相談室専用ダイヤル」を設置。、転職後のフォロー体制がしっかりしているため、安心して転職サポートを受けられます。

保育士転職なら【マイナビ保育】

 

第2位:保育士バンク

・保育士バンク限定の非公開求人あり

・元保育士のキャリアアドバイザーがサポート

・首都圏と関西エリアの求人が多い

保育バンクは、株式会社ネクストビートという急成長している会社が行っています。特徴的なのは、キャリアアドバイザーに元保育士がいる点です。一度も保育士として働いたことがないキャリアアドバイザーばかり(営業トークがうまい)の会社も多いです。しかし、保育士バンクは元保育士のキャリアアドバイザーが在籍しているので、転職の悩みもより深く理解して、転職をサポートしてくれます。※全員が元保育士のキャリアアドバイザーとは限りません。

 

保育士求人・保育園求人なら【保育士バンク】

 

第1位:保育ひろば

・転職者の満足度が驚異の94%
・好条件の求人あり(例:給与24万円/賞与4ヶ月/30分圏内)

第1位の保育ひろばは、お客様満足度が94.2%とかなり高い水準にあります。お客様満足度の高さは、キャリアドバイザーの質が高いこと、求人の質が良いことが理由として挙げられます。保育ひろばを使ったことがなければ、登録してもよいでしょう。

日本トップクラスの求人数!保育の転職は《保育ひろば》へ

 

 

最後に、1点だけ、転職サイトのデメリットであります。

それは、転職サイトのキャリアアドバイザーは担当制ということです。ひとりの求職者に対して、1人の担当者がつきます。どうしても、人間同士ですので、担当者との相性が良くないということが起きます。

 

そのため、推奨しているのは、転職サイトを最低2つ使うことです。

今回ご紹介した3つの転職サイトは、人気も実力もあります。

しかし、1社だけを登録するのはもったいないです。担当者とのに人間関係もそうですし、運営会社によって、扱っている求人は異なるからです。(転職サイトの運営経験者としての経験談です)

そのため最低2社は会員登録して、キャリアアドバイザーと求人の質を比較しましょう。転職サイトの利用料は無料なので、徹底的に利用してみて、どっちの転職サイトを信用できるか決めましょう。

第3位:マイナビ保育士
保育士転職なら【マイナビ保育】

第2位:保育バンク
保育士求人・保育園求人なら【保育士バンク】

第1位:保育ひろば
日本トップクラスの求人数!保育の転職は《保育ひろば》へ

みなさんが、イキイキと保育士ライフを過ごせるように。

 

 

 

-保育士の転職

Copyright© #ほいくしる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.